FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は世界禁煙デー

今日5月31日は「世界禁煙デー」という日らしいです。

思えば私も禁煙して早1年半ほど経ちましたが、最初の頃はそこそこ苦しかった記憶があります。

今思い返すと、一言で「ニコチン中毒」といっても下の2種類に大別できるような気がします。
 ・習慣性依存
 ・薬物性依存

喫煙者は、このどちらも同時に有しているわけですが、どちらか一方へ依存度がより高いわけです。
ちなみに体内のニコチン濃度は1~2時間程度で半減するために、喫煙者の多くはこのサイクルで喫煙したくなります。
なので、これではどちらがより高いかの判別は難しいので、以下に目安を書いてみましょう。

【薬物性依存】
 ・毎朝、「おはよー」と起きて、すぐに一服(だいたい起きて30分以内程度)。
 ・公共交通機関の利用時などのように何らかの理由で長時間吸わないでいるとイライラしてくる。

【習慣性依存】
 ・ある特定の場所、シチュエーションになると一服する。
  要するに、上記サイクルに関係なく、喫煙と何か別の要素がセットとなっている形式です。
  いくつか例を挙げると
   外出(通勤や散歩など)において、途中のある場所に来ると必ずタバコに火をつける。
   本を読むときやコーヒーを飲むときは、必ずタバコに火をつける

で、禁煙をする際には、どちらの度合いがより高いかを把握しておく必要があります。
習慣性依存がより高い場合は、以前吸っていたシチュエーションに出くわすと不思議と吸いたくなります。

ちなみに私は習慣性依存が高かったので、色んなところで「あ、ここでも吸っていたんだ・・・」と今でも感じることが多々あります(笑)
私の場合、この習慣性に打ち勝つために敢えてそのシチュエーションに自らを置いて我慢するようにしました。
例えば・・・お酒を飲むとき、駅で電車を待っているとき、車の運転をし終わった後・・・等々。

まあこんな方法で習慣性を無理矢理押さえるのは難しいという人ならば、禁煙パイポ、電子タバコ(ニコレスタイル mismo スターターキットなど)、禁煙草(禁煙草/ノーマルタイプなど)を使って徐々に習慣を無くすのもありかと。

薬物性依存が高い人の場合は、やはり禁煙補助剤を使用した方が楽と思います。
ニコチンが抜けてくることで本人が意識しないうちに周りの人・物などに当たり散らしていることがあるらしいので、タバコの代わりに別ルートでニコチンを摂取し、徐々にニコチン摂取量を落としていき、最終的に禁煙成功させる方が良いでしょう。
そういう禁煙補助剤は以下のようなものがあります。

・ニコチンガム(有名ですね)
ニコレットガム(Nicorette)



・ニコチントローチ
ニコレットコミット-禁煙補助トローチ(Nicorette Commit)




・ニコチンパッチ
ニコダムパッチ STEP1



特に最近ニコチンパッチは貼っておくだけで良いという手軽さがあるためか、徐々に人気が出てきているようです。

今までを振り返ってみると、禁煙して良かった、と非常に強く思います。
なんと言っても
 ・長時間の飛行機に乗っても大丈夫(まだそこまで遠くに行ったことはないけど)
 ・食べ物の本当の香りが分かって美味しい
 ・歯がしっかり丈夫になった(喫煙していた頃は堅い物を噛むのが少しつらかった)
 ・お酒に悪酔いしにくくなった
 ・タバコに費やしていた時間が別のことに使える
とまあ、いっぱいメリットがあります。

今日のこの日を境に禁煙を真剣に考えてみるのも良いですよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

こて太郎

Author:こて太郎

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FX為替心理バロメータ
ブログ内の検索
ブログ内の記事を検索します
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
お勧めサイト
げん玉で小遣いゲット!

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。